はっちゃき娘ズplus☆

左心低形成症候群の娘、きょうだい児の2人、ひとり親、ドタバタの日々。

MENU

節水シャワーヘッドで水道料金を抑えたい


ハナは湯船に浸かるよりシャワー派。
理由は知らない。

離婚前は「シャワーなんて贅沢!」と思っていたし、
子どもたちも小さかったから使わなくて済んだ。

それが今の生活に馴染んでいくにつれて、
「シャワー行ってくるね!」のひとことでバンバン使うようになり。

結果、水道料金が跳ね上がった。

 

そこに最近、ゆず姉が加わった。

塾のない日には早めにシャワーを浴びて、
食後の時間をゆっくり過ごして早めに寝たいのだと。

わかる、わかるよ!
忙しい受験生のささやかな望みだし安易にOKしたの。
でも、ものすごーく悔いた。

ゆず姉のシャワー時間、桁違いに長い。

ハナはせいぜい10分程度。
ところが、ゆず姉は30分くらい平気で入ってる……バカッ!!!!!

 

我が家の湯張り担当はハナ。
「120リットル貯めるのに、大体12分なんだよ」と教えてくれた。

1分間で10リットル。
調べてみると確かにそうだった、日々の暮らしが学びやね!

差し湯や足し湯をするから1日120リットルで済まないにしても、
300リットルは2日分。

ありえなーい(´ㅁ`;)

 

ということで。

過ぎたことを嘆いてもしょうがないので、
これからのために節水シャワーヘッドをお買い上げ。

取り付けてあったのがホースと一体型だったので、新しいホースも。

 

 

合わせて8000円ちょっと。

購入したシャワー用のホースと節水シャワーヘッド

 

ホースにはメーカーに合わせたアダプターもついてて、
我が家はTOTOの太ホース。

シャワーヘッドを見てみると、
KAKUDAIのホースにアダプターなしでいける仕様。

準備するのはこの2つでOK。

シャワーヘッドのパッケージの裏面には取付説明書がある

 

賃貸物件なので、外したホースは洗って乾かしてビニール袋に。
原状回復する意味がないほど汚いし破損しているけど、
私の知ったことではない(笑)

そしてこちらも(これでも)キレイにして。

古いシャワーを取り外したあとに掃除した水栓

 

アダプターをくるくる、手回しでも大丈夫そう。
そしてホースも取り付け完了。

最後、ホースの反対側にシャワーヘッドを。

アダプターを取り付けた水栓

 

はい、完成。

水流の強弱と、
手元にON/OFFのスイッチもあって使いやすい。

ゆず姉には「対策はしたからもう少し短めでよろしく」と伝えた。
何て優しい母だろう。←

新しく取り付けた節水シャワーヘッドは手元に水流の強弱とON/OFFのスイッチがある

 

シャワーが何年モノなのか定かではないけど、
蛇口?から外すところが一番固かったしとにかく汚かった。

中に入ってたゴムパッキンも劣化してて 今にもちぎれそうだった。

管理会社がずさん過ぎて何もしてくれないから、
もう勝手にやってしまうよね。
(そもそもお風呂のドア、ラッチが壊れたまま)

 

ついでに、お風呂の残り湯を汲んで洗濯することにした。

ちなみに。
子どもたちの入浴後のお湯がぬる過ぎたら、
それを先に汲んでしまって私はシャワーを浴びる。

モモの付き添い入院で身につけた、短時間シャワー。

高温差し湯 vs 短時間シャワー。
ガスもお水も使わない方を選んで決めてる(笑)

 

冬の北海道はメーターが雪に埋まってしまうので、
最後の検針の金額で春まで支払いが続く。

高いままだよぉ……

どのくらい減るのかを楽しみにしつつ、
今日も夜な夜な残り湯を汲もうと思ってる。

© 2015-2022 はっちゃき娘ズplus☆