はっちゃき娘ズplus☆

左心低形成症候群の娘、きょうだい児の2人、ひとり親、ドタバタの日々。

MENU

6歳4ヶ月/定期健診日、地獄を見たあとの天国。

今日は定期健診日。

タクシーのヒーターで車酔いしてしまうモモ、少し早起きして交通機関を使ってゆっくり向かいました。
コロナが落ち着いててよかったです。

 

と、その前に。
4月から通い続けた歯科の最終日でもありました。

前回作っておいた銀歯を入れてもらい。
次回は生えかけてる六歳臼歯のシーラント、ある程度出てくるまでお休みです。

長かったー!!

 

次に、小児科のオーダーは採血のみ。

前回指示出てません、予告があってもなくても大暴れですが……受付表を見た直後から半べそのモモ。
歯科の主治医M先生に「きもちはわかりますか?」って訴えてました(笑)

傍にいた若手のお兄さん先生が、M先生から涙拭き係に任命され。
治療の合間に「涙拭くねー」と優しくふきふき。

大学病院の歯科は、歯科衛生士がいないので院生や若手の先生ばかり。
雰囲気が面白いです。

 

おっと、話がそれました。

採血はもちろん大泣き。
最初こそ我慢したものの、左腕に刺し、右腕に刺し、結局タオルでぐるぐる巻きにされてもう一度左腕、計3回。

駆血帯見ただけで暴れるのやめてね、ホント。
恐怖心が強くてパニックになってしまうから仕方ないのでしょうね。

次回から「最初からぐるぐる巻きでいきましょう」の指示出ましたよ。

 

そして診察。

採血結果は白血球から血小板あたりの数字が「オーダー取消」
なんでやねーん(笑)

調べてみると、去年9月も凝固してコアグチェック追加されてましたね。
大きくなって理解できるからこそ恐怖心が募るパターン。

 

www.hatchakigirls-plus.net

 

結果を見た主治医T先生。
「怖かったか!しょうがないよな!」と、笑って頭なでなで。

 

身長:114.7cm、体重:17.5kg、SpO2:測定なし、PT-INR:1.3

 

1週間前、小児精神科受診で話した就学のことを中心に。
先のことを話しつつ。

 

www.hatchakigirls-plus.net

 

そこに「あのしゃー」と、横やりを入れては延々と自分の話を始めるモモに苦笑しつつ。
やかましいっ(;´Д`)!!

「大丈夫ですよ、お母さん。ちゃんと大丈夫になりますから。幼稚園入った時もそうだったでしょ? 成長しますから」

T先生の言葉に背中を押してもらっての、診察終了。
それでもやっぱり、心配したがりの母なのです(笑)

 

そうそう。
T先生は成人期医療への移行の窓口をしているようで、歯科の主治医M先生のこともご存知でした。

「M先生ね(笑) 怖くないかい?」とモモに。
そうか、T先生から見るM先生の印象って……(笑)

サバサバしてて、私は大好き。

 

そして、交通機関を使って帰宅。
ほどなくして届いた待望のランドセルに大喜び(*゚▽゚ノノ゙☆


f:id:mutchyplus_xxx:20211228092338j:image

 

確か、夏頃に両親が注文してくれました。
ありがたやありがたや。

「わたし、ピンクにハマってるんだよねー」とモモ。
ちなみにイオンの「かるすぽ」を選びました、かわいいよ。

ピカピカの笑顔が見られる奇跡に感謝。

 

今日から冬休みがスタートです。

デイサービスの利用日数が少ないので、家でできる訓練をたくさんしたいと思います。
楽しく過ごそうね。

© 2015-2022 はっちゃき娘ズplus☆