はっちゃき娘ズplus☆

左心低形成症候群の娘、きょうだい児の2人、ひとり親、ドタバタの日々。

MENU

5歳1ヶ月/定期健診日、驚きの再会。

今日は3ヶ月振りの外来です。

今回はチョー久し振りの採血が待っていたんですが。
モモには「チックンないと思うけど、病院に行ってみないとわからないんだ」とナイショに。
ひどいビビリなので、早めに話過ぎてもいいことナシ。

 

身長:105.9cm、体重:15.0kg、SpO2:測定なし、PT-INR:1.2

 

案の定、採血があると伝えたあとが大変で。
採血本番はもっともっと大変で。

先に説明して冷静になる子はいいんですが、モモは仇になるタイプ。
なまじっか状況判断できるようになったものだから、さぁ大変!!です。

 

ぎゃああああー!!!

 

ってどれだけ泣いたかな(笑)

腹の底から声出して叫んでました。
この1年で筋肉も体力もついたから、私ひとりで羽交い締めにするのも限界( ´ㅁ` ;)
ひどい目に遭いました。

 

時間がかかったせいで血液凝固してしまい。
コアグチェックも追加されるあたり暴れ損、大損、かわいそうに。
まったくもー。

PT-INR(ワーファリン(抗凝固剤)の効き具合がわかる数値)は1.2。

 

就学に向けて幼稚園のOTさんと話したことを中心に、発達のことを掘り下げて話してこれたことはよかったです。

  • 感覚統合のリハビリでしているアプローチ
  • 自宅でできるアプローチ
  • 幼稚園の日課で取り組んでいくこと

 

心臓のことは見守りつつ。
本人のペースで、楽しく笑って暮らせるようなアプローチを考えていく必要がありますね。

発達のことはこども病院で診てもらっているとはいえ、主治医T先生とも共有できるとありがたいこと。

 

f:id:mutchyplus_xxx:20201021000653j:plain

 

今回からシラザプリルの処方は出せないとのことで、服薬中止になりました。
朝のアスピリン(抗血小板薬)・アドシルカ(肺動脈性肺高血圧症の治療薬)、夜のワーファリン(抗凝固薬)のみ。
3種類しかないー!!

 

帰り道、大学病院の玄関前から乗ったタクシー。

まさかまさかの前回と同じ運転手さん。
月1回くらいしか乗せることのない地域なことと、声を聞いてわかったそう。
ビックリ~Σ(´∀`;)

© 2015-2022 はっちゃき娘ズplus☆