はっちゃき娘ズplus☆

左心低形成症候群の娘、きょうだい児の2人、ひとり親、ドタバタの日々。

MENU

【三女】フォンタン循環3年目/発表会とふわふわの雪。


昨日は幼稚園の発表会でした。

モモは先週末に悪化した風邪がよくならず、当日出られるようにと幼稚園はお休みさせていていたんです。
小児科も受診して、耳鼻科の薬と調整してもらって。

ところが一昨日の夜中に叫ばれましてね(´□`III)

モモ>みみいたいー!!

 

大事に大事にして過ごしてきても、くるときはくる。
叫んだってことは滲出性を通り越して急性、ええ中耳炎。

座薬を入れても明け方までグズグズで。

幸いだったのは、発表会が午後からの部だったこと。
午前中しっかり寝かせて、座薬を入れたら大丈夫でした。

 

お友達と比べてしまうと、発達の差はハッキリしていました。
ギャラリーに圧倒されて物怖じしたり、お休み続きだったので練習が足りていないのか段取りを忘れたか棒立ち。

でも、そんなことさえ私には嬉しくて。
ただただかわいかったです(*´ω`)

 

年少組くらいだと結構いますしね。
統合保育なのでダウン症の子も多い幼稚園、補助の先生がたくさんいてナチュラルに手を貸してくれます。

ひとつ演目を終えるたびに場にも慣れていって、お遊戯は挙動不審でしたけど、表現の後半から最後の歌にかけてエンジン全開。
担任の先生も「最後はいつものモモちゃんでした(笑)」って。

 

歌は大声で、楽しそうでした。
出られるだけでじゅうぶんすごいのに、同じ年頃の子たちに交ざってみんなと同じことをしている光景。

これがどれだけ嬉しいか。
号泣するような胸の打たれ方ではなかったけれど、じんわりじんわりと胸の奥が熱くなるような喜びでした。

 

想像できなかった未来、またひとつ叶いました。
ありがとうモモ。

 

そして翌日は一面の冬景色。
急に吹雪いて積もったので、(モモの体調不良とはいえ)引きこもり家族だった私たちは冬靴すら用意できていませんでした。

去年の防寒靴(登山靴みたいなの)がまだはけたゆず姉は、1日我慢してもらい
ハナには私の(というかゆず姉のお下がり)厚底スニーカー。

冬の準備は10月上旬に済ませておくのがベターです(笑)

 

私はスニーカーを、モモは準備しておいた冬靴をはいて、ちょっとだけお外へ。


f:id:mutchyplus_xxx:20191115135402j:image

誰も踏んでいない場所を見つけては、ギュイギュイと音を鳴らして踏んでいくモモ。
ナナカマドの写真を撮りたくて木の下に入っては、上から落ちてくる雪で真っ白になってモモに笑われる私。

楽しかったー、雪も降り始めだけは素敵なんだよね!
(本気で積もったらまったく素敵じゃない)


f:id:mutchyplus_xxx:20191115135348j:image

早く風邪が治って、雪遊びもできたらいいね。
モモのジャンプスーツを買わなくちゃ(⊙ω⊙)!!

© 2015-2022 はっちゃき娘ズplus☆