はっちゃき娘ズplus☆

左心低形成症候群の娘、きょうだい児の2人、ひとり親、ドタバタの日々。

MENU

集団保育の洗礼を真正面から受けるモモと、ゆず姉の優しさ。


「風邪をひくと重症化しやすい」というのは、先天性心疾患に限らず持病のある子がいる親御さんは気にするところで。
感染症の時期はもちろん、そうでなくても人混み・集団保育。

兄弟姉妹がいるとどうしようもなかったりはしますが、なかなか神経使うんですよね。

 

フォンタン手術が終わって3年目の今。
主治医T先生からは「そんな簡単に重症化しないので大丈夫ですよ」と言われていて、幼稚園も変わらず通わせています。

ただ案の定、入園2週間を過ぎた頃にハナタレが始まってからの通院生活。
鼻水が悪化して垂れ込み咳でゲホゴホ始まると中耳炎の兆し……早期発見で踏みとどまったものも含めて、6月から恐らく4~5回。

わかっちゃいるけど、母もしんどいのです。

 

お店屋さんごっこを経て、その週末には咳が悪化。
早めに受診したのに抗生剤が効かず(´□`III)

薬を変えて増やしたところ合わない薬があったようで、幼稚園でリバースからのお迎えコール。
回復を待って送り出した日のお昼に、再びリバースでお迎えコール。

先生に確認すると、前回と吐き方が違ったので小児科を受診したところ胃腸炎の診断が。
(やっぱりか!)

家で吐くことはなく、食欲もあって元気でしたけど。
2~3日は慎重に様子を見ているので精神的に参りますね。

 

そんな感じで疲れ果てていたところ、ゆず姉が久し振りにゴハンを作ってくれました。
土日も部活続きだったけれど、「ストレス発散になった」と笑って言ってくれるのが優しいです。 


f:id:mutchyplus_xxx:20191026213417j:image

 

得意のハンバーグに、いつものコンソメスープと、手作りのゼリー付き。
果汁100%のゼリーってすっぱいけどクセになる(*´ω`)

 

ゆず姉の作ったハンバーグが大好きなハナ、8月の誕生日の頃からずっと待っていたので喜んでました。
よかったね。

© 2015-2022 はっちゃき娘ズplus☆