はっちゃき娘ズplus☆

左心低形成症候群の娘、きょうだい児の2人、ひとり親、ドタバタの日々。

MENU

中学生になってから3ヶ月分の頑張り。

全力投球で何でも頑張りたいゆず姉。
「自分が思うようにやってみればいいよ!」と背中を押すお母ちゃんですが、それでも日々の疲れ方を見ていると心配にもなるのです。 

一番気になっていたのが、膝。
授業中に強い痛みが出た直後に(恐らく)迷走神経反射を起こして倒れたり、体育の授業で走り切れなかったりと、いよいよ授業にも支障が出てきました。

 

時間割を確認して1日欠席、整形外科を受診。

結果はオーバーユースからくるスポーツ障害でした。
先生は「シュラッター病」という表現をしていましたが、調べてみると「オスグッド・シュラッター病」で。
「ジャンパー膝」とも言われました。

 

運動前のストレッチと運動後のアイシングでかなり軽減できるようなので、ひと安心。
私ができることはしてあげたいけれど、本人もセルフケアの知識が必要ですね。

膝上の骨端線を見た先生が「身長もうちょっと伸びるよ」と言ってくれて、ゆず姉はニヤニヤ♪

 

f:id:mutchyplus_xxx:20190713101159j:image

 

そして時折訴えるのが目の痛み、熱さ。
こちらも眼精疲労からきてるっぽいなーということで、癒しのアイテムを買ってみました。

 

目薬を使い始めた翌日には痛みが引いたらしく、やったね!
あずきのチカラは毎晩使っています。


f:id:mutchyplus_xxx:20190713101145j:image

 

そしてそして。

そんなゆず姉が、学校でどんなふうに過ごしているのかを聞けるのが個人懇談。
中学校は子どもも入って三者面談でした。

 

基本的なところは、小学生の頃から変わりません。

学習面に大きな不安はなく、授業態度も問題なし、グループワークや行事への参加も熱心でリーダーシップも取れているし。
でも、この先の伸びしろはたくさん!

 

部活動も楽しくやっているそうです。
担任が部活の顧問なので、痛みのこともあるだけにやりとりがスムーズなのは助かります。
運動前のストレッチも全体で確認してもらえそうです。

 

関わり方が大人同士のようになりつつある、ゆず姉。
それでも学校であった楽しい話を毎日たくさん聞かせてくれて、愚痴も相談事も言ってくれます。

こうやって、まだしばらく育児させてくれると嬉しいな。

 

さ、一学期は残り3週間。
二学期は学校祭のプロジェクトリーダーにもなっているし、頑張りどころがたくさんです。

© 2015-2022 はっちゃき娘ズplus☆