はっちゃき娘ズplus☆

左心低形成症候群の娘、きょうだい児の2人、ひとり親、ドタバタの日々。

MENU

2歳1ヶ月/ボスから直々の感染宣言【術後26日目】

熱はボチボチのところまで下がり、37℃台前半です。
でも、まだもう少しかな?

朝寝坊していたモモのために、ごはんはおにぎりにしておきました。
それを食べて、薬を飲ませてからの……リバース!! 
食べたもの全部出なくてよかった。

 

昨晩にも既に吐いていて、昼には利尿剤だけでも吐いたので。
もはや「薬=嫌なもの=吐く」になっているあたりプチトラウマのような感じでした。

そのつどA先生に報告と相談です。

ザイボックス(抗生剤)は「クソ」がつくほどまずいそうで、飲んだら大抵の子は吐くのだとか(-言-;)
だから吐いたことは気にしなくてよくて、機嫌を取ってから飲ませろ、慣れるまで頑張れと。

 

A先生、大好きですけどね。
育児相談的なことをするとピントがズレるので、小児科やNICU出身の看護師さんからはガンガンダメ出しされてます(笑)

 

機嫌なんてとっくに取ってるし。
手詰まりだから相談したんじゃコラ~(°ㅂ° ╬)

 

という本音。
育児でクソバイスすると、母たちの怒りを買いますよ。

「せっかく頑張って薬飲ませてきたのに、トラウマっぽくなっちゃってるからリセットですよ!」と愚痴っておきました。
言いたいことは言います。

 

それはともかく、心臓の薬はとにかく大事。
安易に飲み直しができるわけではないので、抗生剤は別の時間帯にズラして飲ませることになりました。


f:id:mutchyplus_xxx:20170913062906j:image

 

四の五の言ってもやらなければいけないのはわかっています。
たくさん相談して、他の食材を嫌いになる弊害を考慮して「食前か食間に水溶きでそのまま」いくと決めました。

基本はトライアンドエラーなんでしょ、A先生。

 

本人は割と元気にしています。

今日は朝から小児科の心エコーにも呼ばれ、エスクレ(お尻から入れる鎮静薬)の効き待ち中に採血も済ませ……結局寝ないまま、アンパンマンを見せながら終了。
やればできる子っ!

  

エスクレはぼんやり効いたまま、歩く足元がおぼつかなく午後イチから熟睡するという残念な状態に(T▽T)
フラフラしちゃってずっと酔拳だったのが辛そうでした。

本調子ではないのでお散歩は控えめながら、午前中に移動した大部屋では楽しく過ごしています。

お隣ベッドの赤ちゃんが、乳び胸で絶賛頑張り中。
お母さんは私よりずっと若くてかわいくて、お話しするのが楽しいです(*´∇`*)

 

で、お話ししていたら気配なくスッと現れた執刀医GT先生。
「採血の結果感染がわかったので、3~4日内服で入院管理しようと思います」と……さすがに、GT先生から直々に伝えられると堪えます。

38℃の発熱にしてはCRP(炎症反応)が4なのは低いみたいですが、ザイボックスも継続になり明後日また採血になりました。
何の感染なのかはわかりません。

 

退院延びたぁ~
退院するの寂しいとか言ってるからですね(笑)

そして夜中からは副作用の下痢。
モモ頑張れ!私も頑張れ!

© 2015-2022 はっちゃき娘ズplus☆