はっちゃき娘ズplus☆

左心低形成症候群の娘、きょうだい児の2人、ひとり親、ドタバタの日々。

MENU

2歳1ヶ月/とてつもなく暇【術後19日目】

採血もレントゲンも入っていない日は珍しいです。まだ術後の急性期ではあるけれど、その中でも少し落ち着いてきたことがわかりますね。
ありがたいことに、暇。

外来の水槽の鯉を眺めて、ケラッケラ笑うくらいしかありません。
口をパクパクさせているのが、モモにはツボらしいです(笑)

 

今日で利尿剤のIV(静脈注射)が終わり、あとはステロイドだけになりました。
内服もサムスカ(利尿剤)が翌朝で終わり。

酸素は夕方から0.5L→0.3Lになりました。
ここまできてやっと、SpO2が95~97と少し下がったかな?
慣れてきたらまた上がるかもしれません。

 

A先生からは「今日明日で外れるかな」と言われています。
でも夕回診で「今日明日」って言われても、今日はないですよね(笑)

明日外れるといいな!

 

オムツの計量もなくなり(飲水は継続)、回数カウントのみです。

ピコスルファートナトリウム(便秘薬)もちょうどいい具合に効いていて、浣腸なしで1日2回の排便ができています。
浣腸というストレスからは完全に解放されました。

食欲も変わらずですが、かなり飽きてきたのか、元気になってきた証拠なのか遊び食べが多くなってきました。

相変わらずあまり歩きたがらないモモ。
A先生には廊下で会うたびに「歩かんのか」と笑われます……私がいたら抱っこちゃんなので、先生どうにかしてください(笑)


f:id:mutchyplus_xxx:20170906062036j:image

 

左手が使えなくても上手に遊べるようになるものです。

 

利尿剤もかなり入れていて諸々管理されてきた術後ですが、モモの体重にはほとんど変化がありません。
1kgくらいは減ってもよさそうですし、A先生ももう少し絞りたいと言っていましたが現状0.5kg減ったかどうか。

 

血圧もまだ少し高め。
看護師さんに対して泣いたり怒ったりはあるので、それを減らすためにも血圧測定は私がやることになりました。

1つ1つストレスを減らしていくことで、先生や看護師さんがやらなければいけない医療行為の際にも変化が出ていて。
泣き叫び率はグンと下がり、落ち着いて待てることも増えました。
そして時々笑う余裕まで。

 

残り少ない入院生活になってきました。
モモにとって、少しでも穏やかに笑って過ごせる時間にしたいです。

© 2015-2022 はっちゃき娘ズplus☆