はっちゃき娘ズplus☆

左心低形成症候群の娘、きょうだい児の2人、ひとり親、ドタバタの日々。

MENU

【日々のこと】手術日の不安な気持ち。


胎児心エコーは、大きな病院の専門の医師だと診断通りの確率が高いそうです。
それでもおなかの中にいる赤ちゃんの2cm程度の心臓を見ているわけですから、ハッキリとわからないことも多いのだとか。

 

モモは左心低形成症候群ですが、生まれてくる前の胎児心エコー時点では別の疾患を告げられていました。

  • 単心房・単心室
  • 両大血管右室起始症
  • 肺動脈閉鎖

 

もちろんかなり重度の心疾患に変わりはありませんが、統計ではもう少し生存率や予後はいいものでした。
可能性の1つとして、左心低形成症候群も告げられてはいました。

併せて、染色体の異常(13・18トリソミー)や、胎内死亡が高確率であることも伝えられていました。
 

あと1ヶ月で元気な赤ちゃんが産まれてくる。

そう信じていた子どもたちにとって、この事実がどれほど重く辛いものになるのか。
どう伝えていいかわかりませんでした。

ハナには難しいので、手術の名前しか覚えられません。

ゆず姉は手術の名前と、ざっくりとした方向性を理解しています。
まだ一度も抱っこしたことがない妹が、手術を乗り越えて無事退院してくる日を待っています。

最終的にフォンタン手術まで到達できたとして、それは機能的修復にすぎません。
この疾患は根治しないものです。
長期的な延命でしかない。

この現実は正直、まだ受け入れ難いものだけれど。
救命方法がこれ一択である以上、目を背けることもできません。

  • 術中の危険度:10%
  • 術後1ヶ月間の生存率:60~70%


開心術(人工心肺を使った手術)なので、合併症などのリスクが高いです。
手術予定時間は10時間。

モモ、頑張ります。
ずっと頑張ってきたけれどもっと頑張ります。

モモの生きる力を信じます。
モモに力を貸してください。
無事戻ってこれるよう祈ってください。

どうか、よろしくお願いします。

© 2015-2022 はっちゃき娘ズplus☆