はっちゃき娘ズplus☆

左心低形成症候群の娘、きょうだい児の2人、ひとり親、ドタバタの日々。

MENU

「生きたい」と思ってほしい。

治療の変更で同意書が必要になり。
急遽夫に連絡をして、モモのところへ向かってもらいました。

 

「手術になるかと思った」

ゆず姉がホッとした顔で言いました。
電話の向こうで夫も相当慌てたようだったし、私も胃がキリキリと痛みました。

家の電話が鳴ると緊張しすぎて泣きそうになります。

 

呼吸が落ち着かず、一昨日挿管したモモ。
今まで以上に「生かされてる」感いっぱいの姿になっていたようです。

少し貧血が見られるらしく赤血球の輸血と、CRP(炎症反応)が高かったので抗生剤の投与が始まりました。

望みがあるなら最後の最後までしがみついて生きてほしい、そう私達は思います。

 

モモの言葉が聞けるなら……どう思っているでしょう。

「一緒に頑張ろう」

そう言ったところで、苦しいのも痛いのも当然変わってあげられません。
それでも生きてほしいと思うのは私達のエゴです。

どこまで頑張らせないといけない?

 

今のモモを思っても、未来のモモを思っても、何が最善なんだろうって思います。

今の条件下では助ける以外の方向に向くことはないし、選択肢は一択。
ただ、モモの立場に立った時に言い切れるでしょうか。

 「生きる一択で」と。

 

頑張れ!生きて!
私達はこの先も言い続けます。

健康な体に産んであげられませんでした。
体に大きな傷をつけてしまいますし、制限のある生活をしなければいけません。

 

「何で産んだの」
「産んでほしいなんて頼んでない」
「死んだ方がマシだ」

 

そんなふうに言われるかもしれません。
そして恨まれるかも、そう想像しただけで胸がつぶれてしまいそうです。

苦しいけど、それでも言い続けます。

© 2015-2022 はっちゃき娘ズplus☆